社員の能力・意欲を育て、仕事のなかで活かし、能力・意欲・業績を公正に評価し、処遇します。
当社グループでは、社員一人ひとりの資格・役割に応じた独自の各種研修制度を設け、社員自らスキルアップできる環境づくりに努めています。最近では入社5年目までを「社会人としての基礎固めの期間」と位置付けて、外部教育機関への派遣や各種通信教育や集合研修、英語教育等のプログラムを実施しています。

新入社員研修・フォローアップ研修

4月の入社時研修は、総合力を発揮するために必要な人的ネットワークを作るため、事業会社8社合同で行っています。社会人としてのマナーやルールに加え、当社グループ社員の創業以来の価値観についてしっかり学んでいただきます。また入社1年目の2月頃に、フォローアップ研修を行っています。この1年間で、仕事に対してどのように向き合い、考え、行動してきたかを相互に共有することで、2年目以降の成長に繋げています。

技術系(食品化学系・工学系)社員向け研修

グループ内に技術系の人材委員会を設置し、専門分野ごとに系統的な能力開発を推進しています。合宿のできる社員研修所もあり、横のつながりを大切にしながら設備の分解組み立て・製品の分析測定などをはじめとする専門性の高い研修を実施しています。研修は社内外の講師による具体的な実習、演習が中心で、体験を通じて高品質で安全・安心に配慮した製品を生みだすための技術や技能を学習することができます。

メンター・メンティー

新入社員(メンティー)に対して若手先輩社員(メンター)が1年間ペアになり育成を行うメンター・メンティー制度を設けています。日常の業務に対する疑問や不安を解決するだけでなく、社会人としての姿勢・考え方を身近な先輩社員とのコミュニケーションの中で身に着けていきます。職場の人間関係づくりからプライベートまで全面的にバックアップしています。