当社グループは人間性と多様性を尊重し、業務の状 況や個人の事情に応じて多様な働き方を可能とする制度等の整備に取り組んでいます。また、働き方改革では過度の長時間労働の防止にも取り組んでいます。そして、ワーク・ライフ・バランスに配慮した環境を整え、すべての社員がその能力を十分に発揮できる職場づくりを目指しています。
※会社ごとの規定により決定します。

フレックスタイム制・在宅勤務制度

業務効率および勤労意欲の向上に努めるとともに、心身のゆとりを保ち、生活と仕事の調和を図っていくことを目的として、社員が業務内容に応じて、出勤・退勤時刻を自主的かつ計画的に管理するフレックスタイム制を導入しています。2018年4月にはコアタイム(10時~15時)を撤廃し、より柔軟に出勤・退勤時刻を計画することができるようになりました。また、2019年4月からは自宅で仕事ができる在宅勤務制度を導入し、多様な働き方の実現を目指して制度の拡充を図っています。

育児・介護休暇
(利用者の声)

育休から復職後、営業となったのですが、重要な担当先も持たせて頂き、自分のキャリアを築く上で貴重な経験をさせて頂いています。朝は子どもの世話だけでなく一緒に住む両親のケアが必要なため、10時より早い出社が難しく、制度があり助かっています。夜は会食等が入る場合もあります。お取引先との関係性も大事にしたいので、夫や上司、職場の皆さんにサポート頂きながら今の自分にできることを全力で行っています。

健康経営の推進

「健康」という価値を世界に発信し続けている社員が「健康」で「活き活き」と働いている、その実現のために社員と会社が一緒になって取り組んでいく。これが日清製粉グループの健康経営です。自らの健康に取り組む社員が、商品を通じお客様に健康をお届けしていきます。
※「働く環境」「身体のケア」「メンタルヘルスケア」を健康経営の3つの柱と位置づけました。グループの事業計画に重要課題として織り込み、様々な施策に取り組んでいます。

心身のリフレッシュ

東京から新幹線で一時間と至便な高原リゾート地・軽井沢の別荘エリアに、山荘様式の宿泊保養施設を有しています。社員等が研修で活用するほか、ご家族揃って、或いは友人と一緒に、四季折々に楽しめる近隣の観光やスポーツ、そして最近は軽井沢駅近くの大型ショッピングモールでの買い物にも便利で、一年を通してたくさんの社員に利用されています。