日清製粉グループ社屋

食品から新素材まで、幅広い産業分野を支える基盤技術として注目を集める粉体技術。『P&Pで世界を拓く』をビジョンに掲げる日清エンジニアリングでは、長年蓄積してきた世界最高レベルの粉体技術を核に、液体技術、制御システム技術を統合し、さらに新設備管理技法を導入して多様なニーズに対応しています。食品をはじめとする各種製造プラントやサイロプラント、物流プラントなど、広範囲な 『エンジニアリング事業』に加え、高度な粉体加工技術を用いて、食品、化学、医療、金属、エレクトロニクスをカバーする『機器製作販売事業』『粉粒体加工事業』を展開しています。

売上の約8割がグループ外の
プロジェクト

日清製粉グループの持つ技術力や技術者の可能性を広げるため、1972年に誕生した日清エンジニアリング。当初は、グループ内の仕事には携わらないことを大原則としていました。その後、グループ内のプロジェクトにも手を拡げ、プラントエンジニアリングだけでも、食品、醸造、化成品、化粧品、基礎化学品、機密化学品、医薬品など、幅広い分野で実績を残し、現在、売上の約8割がグループ外のプロジェクトです。

プラント建設に関わるすべての領域を担当

プラント建設では、一人の担当者が全体の企画から建物の設計、施工、設備の設置、立ち上げ、運転マニュアルの提供まで、ほぼすべての工程に携わることも珍しくありません。社内や社外のパートナーをまとめあげ、お客様の期待を超えるプラントを建設していきます。

高付加価値を生みだす粉体技術

日清エンジニアリングの『粉体加工事業』は新素材の開発支援から受託製造、測定分析までスピーディに応える粉体の受託加工サービスです。現在は独自開発の構成の機器を用いた、トナーの大量生産やプラズマ法による超微粒子製造など、ハイテク分野にもこの事業を拡大しています。

社員全員が技術者の会社

日清エンジニアリングは、日清製粉グループ本社から出向しているスタッフ部門の社員を除けば、全員が技術者(工学系社員)の会社です。現場経験を重ねて技術営業としてお客様と向き合う社員もいれば、マネジメントに携わる社員もいます。技術者集団の中で、幅広い経験を積みながら、キャリアを積んでいくことができます。

拠点

日清エンジニアリング全国拠点
本社
〒103-8544
東京都中央区日本橋小網町14-1
住生日本橋小網町ビル5F
営業部大阪営業所
〒532-0003
大阪市淀川区宮原3-5-36
新大阪トラストタワー
粉体事業部
〒356-0045
埼玉県ふじみ野市鶴ヶ岡5-3-77

会社概要

会社名 日清エンジニアリング株式会社
事業内容 穀類・食品・化学製品等の生産加工設備の設計・工事の請負・監理、
並びに粉体加工、機器販売
設立 昭和47年4月(1972年)
資本金 1億750万円
代表者 取締役社長 村田 博
所在地
事業所
本社
東京都
事業所
埼玉県、大阪府