この風通しの良さが時代に合わせた最先端の技術開発を支えているのだと思います。

【2018年実施】
工学部 機能発現工学専攻
岡本 紗苗
研究のテーマ
回転円筒型液液抽出器の抽出効率向上のため、流動状態を明らかにし装置のスケールアップを検討しています。
インターンシップでの所属
粉体研究室
インターンシップに応募しようと思った理由は?

職場の雰囲気を知ることも就職活動では重要であると考え、インターンシップに応募しました。

食品という世界規模で人々の生活を担う業界で、社員の方々が実際にどのような研究をどのような視点、時間の使い方で進めてくのか肌で感じたかったからです。就職活動において、ネット上の会社情報や説明会だけでは実際に自分が働くイメージがわきにくい方も多いと思います。その会社でやっている仕事だけでなく、職場の雰囲気を知ることも就職活動では重要であると考え、インターンシップに応募しました。
インターン生の声1
インターンシップではどんな活動をしましたか?

用途に合わせたナノ粒子の改質と有用性の評価について検討を行いました。

すでに実用されている素材のさらなる改良を目的として、様々な条件でナノ粒子の特性を評価しました。時々刻々と変化する時代のニーズに対応するため、企業における研究の責任感とスピード感を実感しました。また工場や製粉ミュージアムの見学の機会も多く、実習テーマ以外の研究内容や様々な職種、製品を知ることができたので、日清製粉グループに対する理解をより一層深めることができました。
インターンシップに参加して気づいたことは何ですか?

与えられた課題に対する積極性の大切さを学びました。

物事に対する主体性、積極性に欠けるという自分の欠点を改善する意味も含めて、インターンシップでは積極的に質問をすることを目標として取り組みました。実験に直接関係はなくても、テーマ設定の背景にまでさかのぼって疑問を解消していくうちに、テーマ理解を深めるだけでなく課題解決への新たなアプローチの提案にもつなげることができました。また、研究所で社員の方が議論している姿を多く目にし、新たな視点を養うためには知識はもちろん、職場や取引先など様々な技術者とのコミュニケーションも大切であることもわかりました。
インターン生の声2
日清製粉グループを一言で言うと?

「幅広い活躍の場」と「技術を支える人のつながり」がある会社だと思います。

自分が頂いた実習テーマが非食品を取り扱うテーマだったこともあり、ネットでわかる情報では収まらない事業の幅広さが魅力の一つだと感じました。また、実習先の生産技術研究所では、社員の方々が所属や年代を超えて、いい意味でフランクにコミュニケーションが取れる関係性に感銘を受けました。この風通しの良さが時代に合わせた最先端の技術開発を支えているのだと思います。
ホームページを見ている学生へメッセージ

周りの先輩社員の方々と様々な機会に恵まれた二週間でした!

二週間という長期間のインターンシップは正直不安も大きかったです。実際終わってみると、周りの先輩社員の方々と様々な機会に恵まれた二週間でした!実際の職場で過ごす二週間は慣れないことも多いと思いますが、期間中いろんな人と話してみてください。企業の技術者の方と話せる機会は大変貴重です。どんなお話でも私たち学生にとっては新しい発見ばかりだと思います。そして何よりも忘れないでほしいのは、楽しむことです!皆さんとってこのインターンシップが有意義なものになってくれればいいなと思います。
インターン生の声3

担当社員からのメッセージ

きちんと理解した上で自分なりに意見をまとめ、最後まで責任を持ってテーマに取り組む姿が印象に残っています。

岡本さんにはナノ粒子の特性改善に関する検討を行っていただきました。初めて聞く内容で最初は理解するのが大変だったと思いますが、研究背景や実験内容等分からないことは積極的に質問し、きちんと理解した上で自分なりに意見をまとめ、最後まで責任を持ってテーマに取り組む姿が印象に残っています。インターンシップでの経験を今後の仕事にも活かしていただければと思います。