工学系の社員は入社1・2年目から大きな仕事を任されることが多く、
成長できる環境が整っていると思います。

【2018年実施】
先進理工学研究科 応用化学専攻
武部 明展
研究のテーマ
小型の高速攪拌装置を用いて晶析工学の観点からアミノ酸のナノ結晶を作製できる条件の研究をしています。
インターンシップでの所属
製造研究室
インターンシップに応募しようと思った理由は?

事業内容と大学での研究内容に類似点があったこともあって企業に親近感が沸き、応募しました。

私は食品メーカーの生産技術職に興味があり、就職活動前に実際に働くイメージを掴みたいと考えていました。日清製粉グループ工学系のインターンシップでは2週間社員の一員として実際の研究開発に携わりながら、各グループ会社の工場見学や社員との交流ができることを知りました。また、日清製粉グループの事業内容と大学での研究内容に類似点があったこともあって企業にも親近感が沸き、応募しました。
インターン生の声1
インターンシップではどんな活動をしましたか?

生産技術研究所での実習テーマは押し出し生地の物性評価を行うというものでした。

商品化のために乗り越えなければいけない条件は何か、様々な実験を通して検討しました。また、製粉ミュージアムや各グループ会社の工場を見学し、実際のラインで製品が出来上がる様子を見たり、そこで働く社員と交流しました。
インターンシップに参加して気づいたことは何ですか?

大学での研究とは違って、スピード感のある企業の研究に携われたのが一番の収穫だと思います。

2週間という短い期間で、全く知識のないテーマについて明確な目的意識を持って研究を行い、その成果を発表することが初めての経験でした。大学での研究とは違って、スピード感のある企業の研究に携われたのが一番の収穫だと思います。また、若手、ベテラン関係なく様々な年代の社員から仕事のやりがいや苦労などを聞くことができたのも大きかったです。
インターン生の声2
日清製粉グループを一言で言うと?

若手から積極的に挑戦ができる風通しの良い会社だと感じました。

工学系の社員は入社1・2年目から大きな仕事を任されることが多く、成長できる環境が整っていると思います。また、食のインフラカンパニーとして人々の食生活を支えていくことは大きなやりがいだと思います。
ホームページを見ている学生へメッセージ

私は就職活動前に職場体験型のインターンシップに参加するべきだと思います。

ホームページや説明会で知ることができるのは企業の表層に過ぎません。就職して実際に働いてみたらイメージと違っていた…みたいなことにならないためにもインターンシップに参加し、業務体験をして、社員に本音をぶつけてみて、その企業で本当に自分のやりたいことが出来るのか身をもって体験してみてください。日清製粉グループの工学系インターンシップには時間を割いて、参加するだけの価値があります。きっかけは何でもいいと思います。興味を持ったらまずはエントリーしてみて下さい。
インターン生の声3

担当社員からのメッセージ

インターンシップという場でも気後れせずにしっかりと自分の意見を持って実験に向かい合ってくれました。

武部さんには食品の新しい製造方法について、取組んでいただきました。武部さんはインターンシップという場でも気後れせずにしっかりと自分の意見を持って実験に向かい合ってくれました。今までに知見のない難しいテーマでしたが、手探りの中で新しいものを開発していく楽しさを感じてくれていたら嬉しいです。 この気持ちを忘れずに、今後もますます活躍されることを期待しています。