温かみのある雰囲気の中に誇りとやりがいを持って仕事のできる環境だと思います。

【2018年実施】
理工学部 環境システム学科
古田 侑大
研究のテーマ
溶融塩という高温の系の中で、金属に対し炭素をメッキする研究を行っております。
インターンシップでの所属
包装研究室
インターンシップに応募しようと思った理由は?

社員の方がどのような志で働いているのかを直に感じられる機会を得たいと思ったことが応募のきっかけです。

就職活動を進めていく中で私は食品業界に興味を持ちました。さらに私の企業選びの軸として「より多くの人に関われる仕事」というのがあったため、世界中で主食とされる小麦粉を扱う日清製粉グループの仕事は関心の高いものでした。長期のインターンシップであればより深く、働くイメージを想像でき、良い経験になると思い応募しました。
インターン生の声1
インターンシップではどんな活動をしましたか?

包装不良を自動検出する為の機械の評価に取り組みました。

条件を変え、何度も反復し実験を行うことで評価するための結果を取得しました。目的がはっきりとしている内容でしたので、課題意識を持って取り組むことが出来ました。また、グループ各社の仕事内容や働く環境を知るための機会も与えてくださったので、日清製粉グループがどのようなことに取り組まれているのか、インターネットや雑誌などでは分からないことも知ることが出来ました。
インターンシップに参加して気づいたことは何ですか?

日清製粉グループで働くということはどういうことなのか具体的に想像できるようになりました。

私自身、学部生であるということから研究がどのようなものかよく分かっていない部分もありました。そんな私にもフレンドリーに接してくださるだけでなく、的確なアドバイスを与えてくださる方がとても多かったです。何より、働いている方々がどなたも満足し、やりがいを持って仕事をしておられると感じました。
インターン生の声2
日清製粉グループを一言で言うと?

誇りをもって働くことのできる企業だと思います。

世界中の人にとって欠かすことのできない小麦粉を扱っているという責任感は社員の方々からひしひしと感じられました。ただ、その誇りというのも1人よがりなものではなく、日清製粉グループ全体で作り上げられているものだと思いました。それは社員同士での会話をいたるところで見られたからだと思います。温かみのある雰囲気の中に誇りとやりがいを持って仕事のできる環境だと思います。
ホームページを見ている学生へメッセージ

日清製粉グループは私の期待を上回るインターンシップを経験させてくれました。

何事もまずはチャレンジです。当初、私も就職活動は不安でいっぱいでした。このインターンシップに応募する前にも、学科と専攻が全く関係ないのに問題ないのだろうかと不安に思っていました。しかし、参加後はなぜそんなことを気にしていたのかと思うほどでした。経験してみたいと思ったことは熱意をもって挑戦してみてください。日清製粉グループは私の期待を上回るインターンシップを経験させてくれました。自分に限界を決めず、当たって砕けるような気持ちで取り組んでみてください。
インターン生の声3

担当社員からのメッセージ

体力が必要な研究でしたが笑顔を絶やさず楽しんで研究を行っている姿が記憶に残っています。

製品包装後の検査工程の研究に携わって頂きました。学部生のインターンであり、研究や発表等不慣れな部分が多い中、周りからのヒントを活かし自分の考えを適切にまとめて形にしていました。25Kg入りの製品を検査する為、体力が必要な研究でしたが笑顔を絶やさず楽しんで研究を行っている姿が記憶に残っています。 入社後も何事にも前向きに取り組んで、仕事を楽しんで貰えればと思います。入社おめでとうございます。