自分の将来の仕事をうまくイメージできていない人、食品業界に興味がある人はぜひ応募してみてください。

【2017年実施】
工学系研究科 化学システム工学専攻
田中 伸明
研究のテーマ
がん治療に用いられる薬剤を封入したナノ粒を作製し、さらに機能化による副作用の低減を検討しています。
インターンシップでの所属
包装研究室
インターンシップに応募しようと思った理由は?

食品業界で化学工学をどのように活かすことができるかイメージしづらかったことから応募しようと考えました。

食品業界での工学系社員の仕事がどういったものか体験したいと思ったからです。自分が専攻している化学工学は様々な分野で活かすことができると聞いていましたが、社会人になった際にどういった業務を担当することになるのかうまくイメージできていませんでした。中でも、食品業界で化学工学をどのように活かすことができるか一番イメージしづらかったことから日清製粉グループの工学インターンシップに応募しようと考えました。
インターン生の声1
インターンシップではどんな活動をしましたか?

商品を包装するフィルムのシール方法に関する検討を行いました。

具体的には、シール手法や速度、フィルムの素材などを変えた際のシール強度を測定し、素材や手法ごとの比較を行い、実際の業務を経験することで、企業理解を深めました。また、研究のほかにグループ会社の工場や製粉ミュージアムの見学をさせて頂きました。インターン最終日に、得られたデータをもとに発表を行いました。
インターンシップに参加して気づいたことは何ですか?

大学の研究室でも企業でも、研究のやり方に大きな差はないと感じました。

研究内容は大学とは異なりましたが、実験を行いその結果を考察しそれを受けて新たに実験を行うというサイクルは大学でも企業でも一緒だと気づかされました。ただ、企業では大学よりもスピード感を求められますし、改めて大学の研究室でも求められる実行力や課題発見力、プレゼン力は企業に入っても求められると気づけたので、今後の研究室生活でそれらを磨いていこうと思いました。
インターン生の声2
日清製粉グループを一言で言うと?

風通しのいい会社だと思いました。

先輩後輩の仲が良く、風通しのいい会社だと思いました。頻繁にコミュニケーションを取りながら円滑に仕事を進めており、何かあった際に先輩に聞きやすい環境は自分にとって非常に魅力的に感じました。また、インターン生にも積極的に話しかけてくれたり、食事に誘ってくださったりと面倒見のよい社員の方が非常に多いのも特徴だと思いました。
ホームページを見ている学生へメッセージ

自分の将来の仕事をうまくイメージできていない人、食品業界に興味がある人はぜひ応募してみてください。

実際に社員の方が行っているテーマについて能動的に研究を行う形で実習を進めるので、企業で働くことがどういうものか理解する手助けになりました。また、実習だけでなく、工場見学やその後に懇親会があるため、色々な職場での働き方について知ることができます。自分の将来の仕事をうまくイメージできていない人、食品業界に興味がある人はぜひ応募してみてください。
インターン生の声3

担当社員からのメッセージ

結果が思った通りに行かなくても、自分なりにしっかりと考察を立てて次の実験に活かそうとしていた姿が印象的でした。

田中さんには、包装工程におけるシール技術の検討について取り組んでいただきました。結果が思った通りに行かなくても、自分なりにしっかりと考察を立てて次の実験に活かそうとしていた姿が印象的でした。インターンで経験したことを活かして、当社グループでも活躍することを期待しています。