様々な経験をした上で自分のやりたいことを考えれば、納得する会社を選ぶことができると思います。

【2015年実施】
創造理工学研究科 地球・環境資源理工学専攻
福井 将
研究のテーマ
粉体シミュレーションを用いて、粉砕プロセスにおける粒度分布特性や表面粉砕特性を予測する手法の構築を行っています。
インターンシップでの所属
製造研究室
インターンシップに応募しようと思った理由は?

粉体技術で社会に貢献する企業に興味があったからです。

私は、研究活動の中で粉体技術が幅広い産業の基盤を支えているということを知り、それに携わる仕事がしたいと考えるようになりました。日清製粉グループでは、製粉事業で培ったトップレベルの粉体技術を駆使して、様々な分野に貢献しているという点に非常に興味を持ちました。一方で、食品分野は普段の研究では全くなじみがなく、工学系の仕事内容も想像できませんでした。 日清製粉グループのインターンシップでは、粉体技術の他分野への応用などを学びながら、自身の研究とは異なるフィールドも同時に学ぶことができると考え、応募しました。
インターン生の声1
インターンシップではどんな活動をしましたか?

冷凍パスタの製造工程におけるトッピング装置の改善に取り組みました。

実験をしていく中で、難しさや面白みを肌で感じることができ、さらに食品製造プロセスへ興味を持つようになりました。 また、工場訪問では、普段の生活で目にする製品の製造工程を見学させていただきました。食品製造プロセスだけでなく、包装プロセス,安全・衛生管理など食品業界に必要な様々な技術を学ぶことができました。 また社員の方たちとの交流では、仕事内容やそれ以外のことについても気軽に話してくださり、インターンシップ全体を通して様々な面から会社のことを知ることができたと思います。
インターンシップに参加して気づいたことは何ですか?

大学としての研究と、企業としての研究の取り組み方の違いを学びました。

大学の研究では現象の原因追究を深めていくのに対して、企業としての研究では、まず製造工程を効率化するための方法や条件を第一に考える必要があり、それを決められた短い時間で行わなければならない難しさを感じました。 また、例えば工場に新たな装置やプロセスを導入する際には、工場の空きスペースの広さや目標能力の達成に必要な装置数を考えるなど、得られた成果の先を常に考えなければならない点も大学の研究と大きく違い、難しさを感じました。
インターン生の声2
日清製粉グループを一言で言うと?

人を大切にしてくれる会社だと思います。

実習中に自分がやってみたい実験があったときに、忙しい中で時間を作ってくださり、納得のいくまで問題に取り組む環境を作っていただきました。わからないことを質問した際にも、その内容に加えて+αの情報について丁寧に教えてくださり、非常に有意義な時間を過ごすことができたと思います。 また、インターンシップ用の課題ではなく実際に研究所で課題となっているテーマを社員の方と一緒に取り組むことができ、インターン生のことを大切に思っているからこそ、このような機会を提供してくださっているということを感じました。
ホームページを見ている学生へメッセージ

このインターンシップなら価値ある二週間が生み出せます。

就職活動では、「少しでも気になったら行ってみる」という気持ちが大切だと思います。様々なイベントに参加することで新たな発見があったり、気持ちが変わることもあると思います。行ってみて興味が持てなかったとしても、それも貴重な経験になるはずです。様々な経験をした上で自分のやりたいことを考えれば、納得する会社を選ぶことができると思います。 少しでも「食品」「粉体」に興味があれば、ぜひ日清製粉グループのインターンシップに応募してみてください。
インターン生の声3

担当社員からのメッセージ

インターンシップで学んだ時の気持ちを忘れずに、今後もさらに活躍されることを期待しています。

福井さんには現在工場で手作業している工程の自動化について、取組んでいただきました。難しいテーマでしたが、福井さんらしいフレッシュな発想で、どんどんと意見してくれた姿が印象的でした。決められた期間で成果の纏めあげるスピード感やコスト感覚など大学の研究では経験できないことを肌で感じたと思います。インターンシップで学んだ時の気持ちを忘れずに、今後もさらに活躍されることを期待しています。