自分に足りなかったものに気付いたので、今後に生かしていきたいです。

【2017年実施】
工学研究科 化学工学専攻
林 葉月
研究のテーマ
回分式冷却晶析における粒子の凝集状態を、画像解析によって定量化する研究に取り組んでいます。
インターンシップでの所属
粉体研究室
インターンシップに応募しようと思った理由は?

興味のあった食品業界に、工学系出身者としてどのように携わることができるのか、知りたかったからです。

興味のあった食品業界に、工学系出身者としてどのように携わることができるのか、知りたかったからです。 研究活動と就職活動を進めていくうちに、自分が工学系の出身として企業に入ったときに、何が求められ、何ができるのだろうかという疑問が浮かびました。いろいろな企業を調べる中で、日清製粉グループのインターンシップでは、社員の方と一緒に実際の業務に取り組み、短期間で成果を出す経験ができるということで、自分の将来を考えるとてもよい機会だと思い、応募いたしました。
インターン生の声1
インターンシップではどんな活動をしましたか?

ナノ粒子の表面特性の改質と、その評価方法に関して検討をおこないました。

小麦粉の会社だというイメージをもって参加したので、非食品のテーマが与えられたことは意外でした。日清製粉グループの粉体技術が幅広い事業に生かされているということを身をもって知ることができました。
インターンシップに参加して気づいたことは何ですか?

自分に足りなかったものに気付いたので、今後に生かしていきたいです。

実験をすすめながら、社員の方々と意見を交換する機会がありました。そのときは、学生である自分の気づいたことや考えたことにも熱心に耳を傾けてくださり、技術者として尊重してくださる暖かい雰囲気を感じました。だからこそ、自分も責任をもって積極的に発言ができたのだと思います。また、発表の資料を作る際も丁寧にご指導いただきました。自分に足りなかったものに気付いたので、今後に生かしていきたいです。
インターン生の声2
日清製粉グループを一言で言うと?

工学系社員が活躍できる、人も環境も魅力的な会社です。

職場内で、社員の方同士で活発に議論している場面をたくさん見かけました。実習先の研究所の方々はもちろんのこと、工場で働く方々、人事担当の方々が、私たちインターンシップ実習生に対して親身になって対応してくださいました。そのチームワークと温かさに触れて、ますます魅力的な会社だと思いました。また、施設見学や実習を通して会社の技術力の高さを実感し、「食のインフラカンパニー」としての大きな使命感を社員の方が共通して持っていらっしゃることを知りました。
ホームページを見ている学生へメッセージ

まずは行動を起こして実際に会社のことを知ることが、就職活動をするうえできっと役に立つと思います。

研究所での実習中はもちろん、実習以外の時や工場見学でもたくさんの社員の方とお話しする機会をいただきました。インターネットや就活本からは得ることのできない、先輩方の生の声や、感じた会社の雰囲気こそが真の情報です。まずは行動を起こして実際に会社のことを知ることが、就職活動をするうえできっと役に立つと思います。頑張ってください!
インターン生の声3

担当社員からのメッセージ

自分なりに考え、テーマをきちんと理解しようと最後まで一生懸命取り組んでいる姿が印象に残っています。

林さんにはナノ粒子の特性評価に関する検討を行っていただきました。2週間という限られた時間の中で実験・データ整理・考察・まとめという作業は大変だったと思いますが、研究背景や得られた結果に対して、自分なりに考え、テーマをきちんと理解しようと最後まで一生懸命取り組んでいる姿が印象に残っています。インターンシップでの経験を今後の仕事にも活かしていただければと思います。