工場見学や社員の方のお話を聞くことで、
研究所以外の業務も知ることができました。

【2016年実施】
工学研究科 化学工学専攻
岩本 耕史
研究のテーマ
大気中に浮遊した微小粒子を凝集させ、粒子径を大きくすることでフィルタの高効率化を目指しています。
インターンシップでの所属
製造研究室
インターンシップに応募しようと思った理由は?

インターンシップで実際の仕事を体験することで働くイメージを得たいと思ったからです。

学生生活の中だけでは自分の働く姿が想像できず、インターンシップを通して実際の仕事を肌で感じ、将来の自分を想像してみたいと考えました。 日清製粉グループのインターンシップは、実際に現場で直面している課題をテーマとして扱っていると聞いていたので、ここならば働くことの具体的なイメージが得られると考え、応募しました。
インターン生の声1
インターンシップではどんな活動をしましたか?

製造研究室に所属し、主に製造ラインの自動化検討について研究しました。

このテーマは大学の研究とも全く異なる内容だったので、最初は戸惑いがありましたが、指導員の方とマンツーマンで作業をすることで徐々に研究を理解することができました。また、研究以外にも工場見学や社員の方のお話を聞くことで、研究所以外の業務を知ることができました。
インターンシップに参加して気づいたことは何ですか?

限られた時間を有効に活用するために、優先順位をつけて作業することの重要性について学びました。

インターンシップ中の研究は大学での研究とは違い、限られた時間で結果を出し、まとめなければなりません。加えて、研究に対して様々な観点から検討する必要があり、やるべきことは無数にあります。限られた時間を有効に活用し結果を出すためには、優先順位の高いものを集中して行うことが重要であると学びました。
インターン生の声2
日清製粉グループを一言で言うと?

格好いい方達が集まった会社です。

指導員の方を初めとする研究所の方達は多くの仕事を抱えているにもかかわらず、私達インターン生が早く研究所に溶け込めるようにと、いつもお気遣い下さりました。明るく気さくに話しかけていただいたり、楽しい食事会を開いていただいたおかげで研究所の雰囲気にすぐに溶け込むことができました。仕事を抱えていても、私達のことを考えて下さる余裕ある姿が非常に格好よくとても印象に残っています。そんな格好いい方達が集まる会社が日清製粉グループだと思います。
ホームページを見ている学生へメッセージ

未来の自分がより具体的に想像できる経験になりました。

大学や研究室の中だけでは、働く自分を想像することは非常に難しいと思います。インターンシップを通して仕事を目で見て、肌で感じ、体験することで初めて具体的な自分の未来というものを想像できると思います。環境を変えてみないと分からないこともあると思うので、日清製粉グループに興味が少しでもある方には強くお勧めします!!
インターン生の声3

担当社員からのメッセージ

学び続ける姿勢と、学びを活かす姿勢を忘れずにこれからも頑張ってください。

岩本さんには製造・包装工程の自動化について取組んで頂きました。岩本さんにとって見慣れない技術が多い中、出来るだけたくさんの事を吸収しようという姿勢が印象的でした。取組みの中では、楽しさや厳しさを実感してくれたかと思います。学び続ける姿勢と、学びを活かす姿勢を忘れずにこれからも頑張ってください。今後のご活躍を期待しています。