就職後のイメージが湧かない方、興味がある方は是非参加してみてください。

【2015年実施】
自然科学研究科 自然システム学専攻
島津 浩介
研究のテーマ
「回転フィルタ」という遠心力を利用したフィルタを、粒子の粒度分布測定装置として応用することを検討しています。
インターンシップでの所属
製造研究室
インターンシップに応募しようと思った理由は?

実際の業務に沿ったテーマを体験が、仕事のイメージを掴むいいきっかけになるのではと思い、応募しました。

私は大学で粉体を扱う研究に取り組んでおり、将来的には粉粒体を扱う仕事に従事したいと考えていました。そんなときに、日清製粉グループのインターンシップのお話を先輩から伺いました。日清製粉グループのインターンシップでは実際の業務に沿ったテーマを体験させていただけると聞き、仕事のイメージを掴むいいきっかけになるのではと思い、応募しました。
インターン生の声1
インターンシップではどんな活動をしましたか?

実習テーマでは、ロボットを用いた工場のラインの自動化について研究を行いました。

また、研究以外でも製粉ミュージアムやサイロ、工場の見学を通してグループ全体の幅広い業務を知ることが出来ました。
インターンシップに参加して気づいたことは何ですか?

仕事を任されていく中で技術者として大きく成長出来る職場なのではないかと感じました。

実際の業務に沿ったテーマであるにもかかわらず、学生である自分の意見にも親身に耳を傾けて下さるような、活発な意見交換を行える職場であると感じ、感銘を受けました。仕事を任されていく中で技術者として大きく成長出来る職場なのではないかと感じました。
インターン生の声2
日清製粉グループを一言で言うと?

思いやりがあり、一人ひとりの意見を大切にしている会社であると感じました。

インターンシップ中、担当社員の方をはじめ、研究室の先輩社員の方、他研究室の方まで私の意見に耳を傾けてくださり、丁寧に対応してくださったのが印象的でした。
ホームページを見ている学生へメッセージ

このインターンシップで就職活動に対する不安の多くを解消し、会社で働くイメージを持つことが出来ました。

就職後のイメージが湧かない方、興味がある方は是非参加してみてください。日清製粉グループのインターンシップは実際の業務に沿った研究テーマを体験させてもらえるだけでなく、工場やサイロの見学を通して仕事のイメージを掴む手掛かりになるはずです。また、多くの社員の方と話す機会をいただけるので気になることはすべて聞けます。私はこのインターンシップで就職活動に対する不安の多くを解消し、会社で働くイメージを持つことが出来ました。
インターン生の声3

担当社員からのメッセージ

持前の強みと、インターンシップで新たに学んだことを大いに活かし、これからの活躍につなげて下さい。

島津さんには事業会社で今まさに直面している分野の課題に取組んで頂きました。3週間という短い時間の中で一定の成果(進捗)を出さなければならない、緊張感ある状況の中、自らの意見を持って一生懸命取組んでくれました。自分の意見を持つことは非常に大事です。そういった持前の強みと、インターンシップで新たに学んだことを大いに活かし、これからの活躍につなげて下さい。