「技術職の働き方とやりがい」を実感することができました。

【2017年実施】
システム情報工学研究科 知能機能システム専攻
田野井 弘夢
研究のテーマ
水中無線通信における残響などの悪影響を、より少ない電力で取り除く変復調方式の研究を行っています。
インターンシップでの所属
自動化研究室
インターンシップに応募しようと思った理由は?

就職活動前に「技術者としての働き方ややりがい」を肌で感じたかったからです。

応募当時の私の働き方のイメージは「自分の持つ技術で人の役に立ちたい」という漠然としたものでした。このイメージをより現実的なものにするため、様々な企業のインターンシップを検討していました。その中で、日清製粉グループのホームページを見たときに、「工学系社員への期待が大きい」紹介されていたことと、インターンシップでは現在進行形で実際に行っている研究テーマに携わることができるという点に興味を持ち、応募しました。
インターン生の声1
インターンシップではどんな活動をしましたか?

実習テーマでは、品質測定装置の評価に取り組みました。

実験用の測定装置を様々な条件で動作させ、実際の現場への導入時に必要となるデータを取得しました.この実習は、将来的には工場の生産効率向上に貢献するとのことで、責任感とやりがいを感じました。また施設見学では工場やミュージアムを訪れ、実習テーマの理解に役立つ知識や、インターネットや雑誌からは知ることができなかった技術職の活躍の場を知ることができました。
インターンシップに参加して気づいたことは何ですか?

当初の目的である「技術職の働き方とやりがい」を実感することができました。

食品メーカーは、電機メーカーなどに比べて工学系社員が少ないことは想像できていましたが、食品の安全性や生産性の為には想像以上に多くの技術が要求されることを知りました。その点で、インターンシップを通して日清製粉グループの「工学系社員への期待の大きさ」について納得することができ、技術職としての働き方ややりがいを具体的にイメージ出来るようになりました。
インターン生の声2
日清製粉グループを一言で言うと?

信頼関係がある会社だと思います。

インターンシップ中に見た社員の方々は自然体で仕事をしているように感じました。そこには互いに信頼があり、必要以上の気兼ねがない関係であるからだと思います。実習テーマについても担当社員の方が、基本的なことを教えていただいた後は、私が主体的に実験を進められるように誘導してくださったのを覚えています。
ホームページを見ている学生へメッセージ

本当に、学科や専攻は関係なく参加することができますよ!

私は食品や粉体には全く関係のない学科出身のため、インターンシップが始まるまでは不安でした。しかし、専門的なことは社員の方が丁寧に教えてくださり、また施設見学等で必要な知識を学ぶ機会があるため、問題なく取り組むことができました。むしろ、インターンシップでは専門外の分野に挑戦してみると、意外な発見があり就職活動を進めるうえでの視野が広がるきっかけになると思います。応募当時の私のように自分の働き方のイメージが漠然としている人は、ぜひこのインターンシップに応募してみてください。
インターン生の声3

担当社員からのメッセージ

課題や疑問に対して解決しようとする積極的な姿勢が窺えました。

田野井さんには、製粉工場における更なる品質安定化及び省力化につながるテーマに取り組んで頂きました。開発要素が多く、難易度の高いテーマでしたが、一生懸命に取り組んで頂き、当初プランに加えて、改善案を提案し、実験を行ってくれました。また、工場見学では積極的に質問していたと伺っており、課題や疑問に対して解決しようとする積極的な姿勢が窺えました。短い期間でしたが、インターンシップでの経験を活かし、活躍してくれることをお祈りしています。