日清製粉グループ社屋

日清ファルマは、ファインケミカルと健康食品を両輪とした「人々の健康と生活を守り、支える」領域でビジネスを展開している企業です。世界に類を見ないスピードで高齢化が進む日本社会。疾病予防、健康増進に対する関心も日増しに高まる中、健康食品や医薬品原薬、医薬品製剤分野に対するニーズはますます高まっています。私たちのスローガンは、「新しい価値創造への絶え間なきチャレンジ」。常にお客様の視点に立った厳格な品質管理体制のもと、自分たちで研究開発から生産、販売まで一貫して行っています。

コエンザイムQ10をはじめとする独自のモノづくり

『コエンザイムQ10』は世界に先駆けて工業化に成功し、その後一大ブームを巻き起こしました。他にも、ビタミンEの合成技術の開発、日本で初めて胚芽油のカプセル食品を販売。最近では、タマネギ由来の成分を使った「T-アリイン」を発売するなど、独自のモノづくりに取組んでいます。

数多くの大学などと産学連携で取り組む研究開発

医薬品や健康食品に欠かせない「ソフトカプセル」の製造技術、油のような脂溶性素材を水に溶かす水溶化技術はトップレベルだと自負しています。この背景には充実した研究・開発体制があり、当社の「健康科学研究所」を拠点に、数多くの大学などと産学協同で取り組んでいます。

日清製粉グループの築いてきた厳格な品質管理体制

日清ファルマには、日清製粉グループの一員として築いてきた厳格な品質管理体制があります。より厳しい安全基準が求められる医薬品を出発点としており、消費者や行政による健康食品業界の安全に対する意識も高まる中、お客様視点に立った審査を行い、商品を市場に送り出しています。

健康な毎日をお届けする想いを込めて

一人でも多くの方に、いつまでも健やかに過ごしてほしい。そんな想いを込めて、生活習慣病やQOL(quality of life)の改善をターゲットにした製品の開発を行っています。また、販売力の強化・販売チャネルの充実を図ることにより、若年から中高年に至る様々な消費者層のニーズにきめ細かく応えていきます。

拠点

日清ファルマ全国拠点
本社
〒101-8441
東京都千代田区神田錦町1-25
健康科学研究所
〒356-8511
埼玉県ふじみ野市鶴ケ岡5-3-1
上田工場
〒386-0042
長野県上田市上塩尻751

会社概要

会社名 日清ファルマ株式会社
事業内容 健康食品、医薬品原薬などの製造・販売
資本金 26億8900万円
代表者 取締役社長 佐藤 潔
所在地
事業所
本社
東京都
工場
長野県
研究所
埼玉県