遠藤 久孝遠藤 久孝
遠藤 久孝
日清製粉株式会社 生産本部生産管理グループ
2006年入社 有機・高分子物質専攻

入社動機とこれまでの仕事について

食べることが好きなこともあり、毎日の暮らしに欠かせない「食」を通じて人々に喜びを与えたいと思い、志望しました。製粉業界のトップを走り続けている日清製粉の製粉技術は、とても奥深く、業界研究を進めるにつれて、製粉技術をもっと深く知りたい、学びたいと思ったことも動機の一つです。入社後は、臨海部に位置する主要工場の一つである千葉工場で設備担当者の一人として勤務。ライン数や設備も多く、製造や包装、出荷ラインの設備管理などの業務を複数名で分担していました。2年後に異動した坂出工場は1ラインの工場で、設備担当も一人。これまで数人で分担していた仕事を全て一人でこなさなくてはなりませんでした。その上、安全衛生や環境など、設備以外の業務も行う必要があったのです。日々忙しかったものの、幅広い業務を通じて学ぶことも多く、仕事に対する充実度も上がりました。その後、現在は福岡に集約され、閉鎖となった筑後工場で勤務した後、グループ本社の技術部に異動し、工場建設など大型プロジェクトにも参画。大型案件のサポート業務に携わることができ、技術者として貴重な経験を積むことができました。

現在の仕事とそのやりがいについて

まず前提としてあるのは、小麦粉の安定した供給と品質の維持向上です。現在、働いている生産管理グループでは、経営的な戦略にもとづき、工場のライン改修や出荷設備の能力アップなどを担っています。また、効率化やコスト削減の追求のため、新しいことに挑戦し、新規技術の導入を図ることも大切な業務です。グループ本社の生産技術研究所との連携や外部の展示会で情報収集をするなど、新しいアイディアを活かす方法を模索しています。今の部署に配属されてすぐの頃に、ラインの生産能力を上げるための大型設備投資案件を任され、計画段階からすべて担当。工場と連携を密にしながら進め、案件が進むにつれて課題が発生した際や困った時は、上司や先輩、他部署の社員など相談できる人に知恵を借りながら乗り越えました。期限に間に合うよう工事を終わらせないといけないというプレッシャーもあったのでしょう。無事に完工し、設備が稼働した時には安堵感でいっぱいでした。私たちの仕事は良くも悪くも数字に結果が現れます。いい結果が得られると進めてよかったと思えますね。

社員インタビュー1
社員インタビュー2

今後の目標、当社の魅力について

これまで培われてきた製粉技術と新しいアイディアを融合させて、お客様に満足いただける製品作りを目指しています。製粉工場の工程自体は、小麦を挽く、ふるうといった一見シンプルなもの。しかし、これらを複雑に組み合わせていくことがノウハウであり、効率化やコスト削減、品質の向上を図るためにも、技術の追求に終わりはありません。たとえば、AIやIoTに代表されるデジタル技術を導入すれば、設備の保全や作業上で発生するミスをなくせる可能性があります。将来的な生産性の向上や人口減少による人手不足などの面からも必要になるでしょう。10年、20年先を見据えた時に何ができるかを考えて動くようにしています。当社には、新入社員であっても比較的大きな仕事を任せてもらえる風土があります。工場の設備担当時代には、事前の確認や配慮が足りずにトラブルを招いたこともありました。しかし、そんな時でも上司や同僚に助けられ、あきらめずに挑戦し続けた結果、無事に解決することができました。最後まで責任を持って成し遂げることで、成長にもつながったと実感しています。

社員インタビュー3

1日の仕事の流れ

08:30 出社
09:00 メール、電話にて工場担当者とのやりとり
10:00 社内申請書等のチェック、若手社員へのアドバイスとフォロー
11:00 取引先(機械メーカー)との打合せ
12:00 社員食堂にて昼食
13:00 新技術に関する社内プレゼン資料の作成
15:00 グループ本社との大型設備投資案件検討会議に出席
17:00 メール、電話にて関連部署や取引先とのやりとり
19:00 帰宅
社員インタビュー4

MESSAGE

遠藤 久孝
新たなことに挑戦し、高品質で安全安心な小麦粉を供給できる力に変える

私たち生産管理グループには、工場を安定的に稼働させ、小麦粉を提供し続ける責任があると思っています。10年前と比べると生産性やコスト面でずいぶんと改善が進んでいますが、技術は追求し続けるもの。新しい試みには責任を伴いますが、やりがいも大きいと感じています。100年以上の歴史と先輩方が積み上げてきた生産技術のノウハウに、技術系の担当者と情報共有しながら新たなアイディアを融合させ、挑戦を続けています。