まず、日清製粉グループ全体について、
7つのキーワードを軸にご説明します。
  • 「信を万事の本と為す」。「信」とは信用・信頼のこと。「事業はつねに社会と結ぶことを念頭に。自分1人が儲けることを考えると事業はけっして長続きしない。すなわち信は万事の本である」という創業者の言葉で、社是の1つにもなっています。今でも日清製粉グループに属する全社員がこの言葉を念頭に、様々な事業活動に携わっています。

  • 日清製粉グループでは各事業会社が自立し、それぞれの市場でスピード感のあるビジネスを展開しながら全力でマーケットリーダーを目指しています。一方で、グループとしての戦略、異なる力どうしの融合が必要なテーマには強力に手を取り合います。この「自立と連合」こそ、私たちの最大の特徴であり、原動力ともいえます。

  • 創業は1900年(明治33年)。「企業は変化することによってのみ生存が可能となり、かつ発展を望み得る」との認識のもと、社是の1つに「時代への適合」を掲げ、絶えず自己改革に挑戦し続けています。元々は日清製粉株式会社という1つの会社から2001年に分社した日清製粉グループ。グループ体制に移行することで、グローバル化やライフスタイルが多様化する現代社会にスピーディに適合すべく、変革を行っています。

  • パン、うどん、ラーメンなど、様々な食品の原材料となる小麦粉。現在日本国内で生産する小麦粉の約40%を私たちが提供しています。また、パスタ、パスタソース、お好み焼粉など様々な食品カテゴリーでのナンバーワン商品があります。食のインフラカンパニーである当社グループは、社会への大きな影響力を持っているため、「食を支える」という大きな使命を担っています。

  • 「粉体技術」とは文字通り粉を扱う技術のこと。小麦の製粉からスタートしたこの技術は、110年を超える日清製粉の歴史において数多くの実績を挙げており、その水準は今や世界最高レベルです。健康食品やペットフードといった領域に加え、医薬品、自動車、鉱工業など、食品以外の分野でも私たちの技術が数多く活かされています。

  • 日清製粉グループでは、創業120周年となる2020年に向け、中期経営計画である「NNI-120 Ⅱ」を策定し、収益基盤の再構築と、買収事業を含めた自立的成長等を柱とする基本戦略の実行により、着実な利益成長を目指しています。特に海外では、製粉事業において、全米では第4位、ニュージーランドでは最大の製粉会社を有し事業を行っています。カナダでも工場の新ラインが2017年秋に稼働を開始し、これにより海外での小麦粉生産能力は国内に匹敵する水準となるまで拡大してきました。また、加工食品事業においては、パスタでは日本、米国、トルコの3拠点、パスタソースでは日本、タイ、ベトナムの3拠点体制となり、コスト競争力強化のためのグローバルな最適生産体制づくりが進んでいます。さらに現在、10年後、20年後を見据えた長期的な視点での当社グループの「ありたい姿」(理想の将来像)、あるべき姿(達成可能性の高い目標)を実現するため、「総合力」をキーワードとして、経営計画を新たに策定しているところです。

  • 会社を動かすのはそこで働く「人」であり「社員」であり、「会社と社員は成長と発展を共有するパートナー」です。「信を万事の本と為す」「時代への適合」という社是を実現するために、私たちは以下のような方を求めています。
    1.「周囲との信頼を大切にする」
    当社グループに属する全社員が「信は万事の本である」という言葉を大切にしています。携わるフィールド・事業内容は様々ですが、当社に入社された方には、どの職種においても自らを繕わず、物事に正面から真摯に取り組み、周囲の信頼を大切にし、行動してもらいたいと思っています。
    2.「ボーダーレスに行動する」
    当社グループの社員は「素材の秘める力を社会に活かしたい」という共通の想いを持ち、組織の枠を超えてボーダーレスに行動することが求められています。物事の全体像を見据え、自らの経験や考えが違う人の意見も理解し、周囲に積極的に働きかける方だと思います。
    3.「自分の考え・想いを周囲に浸透できる」
    「時代へ適合」する施策を推進していくため、物事を自分事として捉え、自らの考え・想いを熱く伝え、周りを巻き込んで形にできる人を求めています。